司法書士の仕事内容

 司法書士の仕事

司法書士は、こんなとき、あなたの身近でお役に立ちます。 

 

・不動産に関するご相談、登記手続き

不動産登記(土地や建物の保存、売買、贈与、相続、抵当権の設定・抹消など)

◆不動産を売りたい(買いたい)ので自分の名義にする必要がある

◆新しく家を建てた 

◆不動産を相続した 

◆不動産をあげたい、もらうことになった

◆親の遺言書に不動産の記載があった

◆不動産を妻や子供に残したい(贈与や遺言のご相談)

◆遺言書を書くなどして亡くなったあとの財産の処分方法を決めておきたいとき 

◆事業資金を借りるので不動産を担保に入れたい

◆住宅ローンを完済した、返済方法に困っている

 

・会社・法人に関するご相談、登記手続き

会社を守り、会社の信用の保持につながるよう司法書士がサポートします。

商業・法人登記(会社・各種法人・組合などの設立、役員その他の変更、増資、本店移転、解散など)

◆会社を設立したい

◆取締役、監査役などの役員の任期が満了した 

◆役員を増やしたい

◆役員が辞めた、相続が発生した

◆会社の資本金を増やし(減らし)たい

◆会社の本店を移転したいとき 

◆会社の商号を変えたいとき

◆会社の目的にない事業をしたい

◆会社を閉めたい

 

・裁判所(家庭裁判所)に提出する書類の作成

裁判所に提出する訴状や申立書等の書類、検察庁に提出する告訴状などの書類を作成します。

まずは、抱えている悩みをお伺いし、どのような解決の方法があるのか提案しながら、一緒に納得のいく解決に向けてサポートします。

◆相続の放棄をしたいとき 

◆離婚に関わる裁判書類作成手続を相談したいとき 

◆貸したお金を約束どおりに返してもらえないとき 

◆借金を返すことができなくなったとき 

◆借りていた部屋を退去したのに、敷金を返してくれないとき 

◆貸している部屋の賃料をきちんと払ってくれないとき 

◆地代や家賃等でトラブルがあるとき

◆顧客から費用を支払ってもらえない 

 

・簡易裁判所における訴訟の代理・裁判外の和解の代理

認定司法書士は、法令で定められた範囲(請求額が140万円まで)の簡易裁判所を管轄とする民事紛争につき、あなたの代理人として、あなたに代わって、法廷で弁論するなど、様々な裁判上の手続を行います。

また、法令で定められた範囲(請求額が140万円まで)の民事のトラブルについて、あなたの代理人として、あなたに代わって、相手方と裁判外で和解の交渉をします。

◆顧客が費用を支払ってくれない

◆貸したお金を約束どおりに返してもらえないとき 

◆借りていた部屋を退去したのに、敷金を返してくれないとき 

◆貸している部屋の賃料をきちんと払ってくれないとき 

◆地代や家賃等でトラブルがあるとき 

◆交通事故の損害賠償請求をしたいとき

 

・民事のトラブルについての法律相談(予防的なご相談)

認定司法書士は、法令で定められた範囲(請求額が140万円まで)の民事のトラブルについて、あなたの相談に応じ、アドバイスを行います。

裁判までに発展しないように予め予防法務に努める事は、トラブルのなく順調に経営していくため、家族を含めた平穏な生活のために重要です。

また、実際に裁判になっても希望とおりの結果が得られるとは限らず、得られたとしても心身に与える影響は大きく金銭では解決できない辛いものです。

トラブルを出来るだけ回避できるように、普段から事前に出来る予防策・対応策を一緒に考えます。個々のご事情により、有効な方法や取り組める範囲は様々です。

まずはご相談下さい。

 

・成年後見・信託・財産管理の悩み

◆家族が高齢になり普段の生活が心配になってきた、認知症になってきた

◆今、元気なうちに将来の自分の生活や財産管理をサポートする人を自分で決めたい

◆将来の自分や家族のために財産の使い方や管理方法を相談したい

◆身体が不自由で外出が難しくなってきた、財産管理が煩雑に感じてきたため財産管理のサポートを相談しておきたい

◆将来、家族に託したい財産について悩んでいる

 

・贈与・遺言・遺贈・遺産承継手続き

◆万が一に備えて今後の事を考えたい。遺言や贈与など自分に要望になった方法を知りたい。

◆不動産や預金、証券、会社など、今行っておくべき事なのか遺言に残すべきか悩んでいる

◆相続が発生し自分が相続人の一人になったが、手続きが煩雑で大変。

手間がかかる

◆相続人の間で話はまとまったが、具体的な手続き方法がわからない